読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manabuba

【大学入試の過去問解説】を載せています。英語を学習している方は活用ください。

2/25 DMM英会話 Daily News 和訳

One-man Chocolate Factory Flourishes
とある男性の営むチョコレート工場が大盛況

<

The main ingredient in Ben Rasmussen's one-man chocolate factory in Woodbridge, Virginia, is cocoa beans.

バージニア州、ウッドブリッジにあるベンラスムッセンのチョコレート工場の主な原料はカカオ豆です。

 

"Once the beans are cracked in the winnower, the nibs, which is the meat of the bean, goes into the grinder. ... And it just spins round and round and grinds the nibs into liquid called cocoa liquor. To that I add sugar. That is all my chocolate is. Just cocoa beans and sugar," he said.

カカオ豆がもみ殻選別機で割られ、豆の身がある先端部分が粉砕機に入れられる。粉砕機が回ることで、そこからカカオ液という液体が出てくる。それに砂糖を加えたものが私の作るチョコレートです。豆と砂糖、たった2つしか使っていません。

 

Rasmussen’s love of chocolate started about eight years ago when he tasted a sample of gourmet dark chocolate. He said he fell in love with it instantly and started learning to make it himself.

ラスムッセンのチョコレート愛は8年前ほどに遡る。美味しいダークチョコレートを試食した瞬間、彼はそのチョコレートに感動し独学で勉強を始めた。

 

"I learned how to make it just through the Internet and trial and error and kind of teaching myself on reading old books and just doing it, got some used equipment and started messing around with it, fell in love with the process, and that's basically how it started," he said.

どうやってチョコレートを作るのかネットで調べたり、試行錯誤を重ねたり、古い本を読んで勉強したりしました。中古の器具をとりあえず使ってみたら、チョコレート作りにハマってしまいました。始めはそんな感じです。

 

In very short order, his company, Potomac Chocolate, was born. The bar from the first batch of chocolate he made in his kitchen was a finalist in that year's Good Food Awards, which is based out of San Francisco.

すぐに、彼はポトマックチョコレートを立ち上げました。彼がキッチンで最初に作ったチョコレートは、その年のグッドフードアワード(サンフランシスコを拠点とする)のファイナルまで残りました。

 

"That bar also won an Academy of Chocolate Awards in 2011," Rasmussen added. "I won a couple of Academy of Chocolate Awards and a few International Chocolate Awards for four different bars."

彼のチョコレートは2011年度チョコレート協会の賞にも選ばれました。私はいくつかのチョコレート協会の賞を受賞しましたし、4種類のチョコレートで2, 3の国際的な賞も受賞しました。

 

Winning those awards led to a high demand for his chocolate, and soon he moved his production out of his kitchen and to his basement, where he now makes the chocolates. Rasmussen also has built most of his equipment by himself. But chocolate-making is not his full-time job.

賞を受賞したことで、彼のチョコレートはどんどん人気になったので、彼は自宅のキッチンから、現在チョコレートを製造している地下室へと移転しました。ラムッセンは器具までも自分で作っていますが、彼にとってチョコレート作りは本業ではありません。

 

"I'm a Linux system administrator, a computer nerd," Rasmussen said. "So finding out how to balance the work at my day job and chocolate is a real struggle, especially considering the fact that I've got family, four kids; I am a busy guy."

私はリナックスの管理者であり、パソコンオタク ですよ。だから、私の本業とチョコレート作りを両立させることは本当に難しいです。特に4人の子供のことを考えると…ほんと忙しいんです。

 

The busy guy makes about 140 kilos (300 pounds) of chocolate every couple of weeks, and sells it online and in high-end gourmet specialty stores and coffee shops.

そんな忙しい彼は一週間に約140キロのチョコレートを作り、それをオンラインで売ったり、高級グルメ専門店やコーヒーショップで売っています。

 

Rasmussen's cocoa beans are from four places: Costa Rica, Venezuela, Peru and the Dominican Republic. Each of his 10 flavored bars indicates the origin on the wrapping.

ラムッセンのカカオ豆はコスタリカベネズエラ、ペルー、ドミニカ共和国が原産であり、彼の10種類のチョコレートには原産国がそれぞれ記載されている。

 

"I make all of the chocolate myself, so it's a very small company, but it continues to grow," he said. "Every year has been better than the year before. Last year was the best by far."

私は手作りでチョコレートを作っているので、大きな工場は持っていません。ただ、毎年毎年私のチョコレートは良くなり続け、昨年のチョコは今までで一番でした。

 

 

www.voanews.com