manabuba

【大学入試の過去問解説】を載せています。英語を学習している方は活用ください。

DMM英会話 Daily News和訳 (2/22)

Bipartisan Governors Urge Trump to Back Renewable Energy
民主共和両党の知事が再生可能エネルギーの復活をトランプ大統領に主張

 

 

f:id:Okuyan:20170222131531p:plain

米国における2008年と比較した費用の推移(緑線が風力、青線が太陽光エネルギー)

 

Rural landowners make $222 million per year renting their land for wind turbines.
地方の土地所有者は、風力タービンの土地を貸すことで1年に2億2,200万ドル儲けている。

The solar energy industry added more than 30,000 jobs last year, employing more than 200,000 people.
昨年、太陽エネルギー業界には3万以上の仕事が生み出され、20万人以上が雇用された。

A group of Republican and Democratic governors focused on these and other economic points in a letter to President Donald Trump, urging the Republican climate skeptic to support wind and solar power.
共和党民主党の知事たちはトランプ大統領への手紙の中で、これら再生可能エネルギーと他の経済的ポイントに焦点を当て、風力エネルギーと太陽エネルギーに懐疑的な共和党議員に支援してもらうよう呼びかけた。

President Trump’s support for fossil fuels and his threat to pull out of the Paris climate agreement have raised questions about the future of renewable energy in the United States.
トランプ大統領の化石燃料への支援と、パリ気候協定から脱退するという脅威は、アメリカにおける再生可能エネルギーの未来について疑問を投げかけている。


Ohio seems like an unlikely place to find strong support for wind power. It ranks just 26th in megawatts of installed capacity.
設備容量が26位のオハイオ州は風力を強く支持するとは考えにくいようです。

“[Ohioans] look around and see very few wind turbines and say, ‘There’s not much wind business in the U.S.,'” says sales VP Doug Herr at turbine part maker AeroTorque. “But what they don’t realize is, there’s companies making gears, there’s companies making specialized clutches like us.”
オハイオ州の人たちは(風力タービンを見渡して、風力タービンはほとんど見当たらず)「米国には風力事業はあまりありません」と言う』とタービン部品メーカーAeroTorqueの販売担当副社長(Vice President=VP)ダグハーは語っています。『しかし彼らは歯車を作っている企業や、私たちのような専門的なクラッチを作っている企業がいることに気づいていない。』


In fact, Ohio has more companies in the wind power industry than any other state.
実際、オハイオはアメリカで最も多くの風力発電企業を持つ州である。

And demand for those companies’ products is growing.
これらの企業の製品に対する需要も増えています。

“When you talk about the growth of renewables and particularly the growth of wind, it’s going to drive domestic manufacturing jobs,” Herr says. “And that’s gold.”
再生可能エネルギーの成長、特に風力の成長は国内の製造業を促進するだろう」「そしてそれは金になる」とハー氏は語る。

President Trump’s “America First Energy Plan” explicitly backs oil, gas and coal. It makes no mention of renewables.
トランプ大統領の「アメリカの初のエネルギー計画」では、石油、ガス、石炭をを支持しているものの、再生可能エネルギーについては一切触れられていない。

The bipartisan group of governors urged him to keep supporting U.S. renewables research and development, or else “we will cede leadership in these critical technologies to other nations that have demonstrated ongoing high priority commitments to these technologies, such as China.”
両党の知事たちは、米国の再生可能エネルギーの研究や開発を継続的に支援するよう大統領に強く要請した。さもなくば、「これら重要な技術の優位性を、中国など、再生可能エネルギーに優先度を高めて注力し続けている他の国々に譲ってしまうだろう。」

Five of the top 10 wind turbine makers and five of the top six solar panel companies are Chinese, according to a report by the Institute for Energy Economics and Financial Analysis.
エネルギー経済財務分析研究所の報告によると、上位10社の風力タービンメーカーのうち5社とソーラーパネルの上位6社のうち5社が中国の会社である。

The Chinese renewable energy industry has blossomed with solid backing from the government.
中国の再生可能エネルギー産業は、政府からの強い支持を得て生まれました。

In 2015, China invested $100 billion in renewables, more than twice what the United States did.
2015年に中国は再生可能エネルギーに1000億ドルを投資した。これは米国の2倍以上である。

Beijing has announced plans to pour more than $360 billion into clean energy through 2020, which it says will create 13 million jobs.
北京は2020年までに、3600億ドル以上をクリーンエネルギーに投入する計画(1300万人以上の雇用を生み出すと言われている)を発表した。

 

 

要約
アメリカでは、風力発電太陽光発電の発電量が減っており、またトランプ大統領が化石燃料を重視しているため再生可能エネルギーについてはアメリカの技術がどんどんと遅れて行く可能性があります。実際中国の勢いは凄まじく、アメリカの民主、共和両党の知事たちは、もっと再生可能エネルギーに注力するようトランプ大統領に求めているそうです。