manabuba

【大学入試の過去問解説】を載せています。英語を学習している方は活用ください。

0013.獨協大学(難易度★★★☆☆)

 

 

 

次の問題を読んで空欄に適切な語を入れよ。

(   ) people present were over thirty.

1.Almost 2.Alomost of the
3.Most of 4.Most of the

 

 

 

 

 

 

f:id:Okuyan:20161212004936p:plain

この単元、なんか学校で勉強した気がします。mostとかalmostとか見た目は似てるし意味も似てるのに、なんか文法的に違うんですよね。忘れちゃったなぁ。。

 
f:id:Okuyan:20161212004944p:plain

文法的に違うよ。まず決定的に違うのは「ほとんど」という意味の時はalmostは副詞で、mostは形容詞、名詞として使われるっていうこと。これは覚えておきたいよ。

 
f:id:Okuyan:20161212004936p:plain

それが何か大切なんですか?副詞と形容詞と名詞の違いがあるって言われてもイマイチ、ピンとこないんですよね。

 
f:id:Okuyan:20161212004944p:plain

たとえば、”日本人のほとんど”と言いたい時Almost Japaneseとは言えないってこと、副詞は名詞に修飾できないからね。

 
f:id:Okuyan:20161212004936p:plain

なるほど、ってことは形容詞Mostなら、Most Japaneseって言えるのか。でも名詞のMostならどうするんですか?

 
f:id:Okuyan:20161212004944p:plain

それは簡単だよ、Most of the Japaneseと言えばいい。ただし、Most JapaneseとMost of the Japaneseではニュアンスは異なるよ。

 
f:id:Okuyan:20161212004936p:plain

どういう風に違うんですか?

 

 
f:id:Okuyan:20161212004944p:plain

Most Japaneseは不特定の”ほとんどの日本人”で、Most of the Japaneseは特定の日本人の中の”ほとんど”という意味なんだ。例えば、ほとんどの日本人はA型と言うときはMost Japaneseだけど、(A型の)日本人のほとんどと言いたい時はMost of the Japaneseとなる。つまりthe Japaneseについては事前に説明されている必要があるんだ。

 
f:id:Okuyan:20161212004936p:plain

なるほど、ニュアンスの違いは分かりました。今回の問題は、4番が正解ってことですよね?

 
f:id:Okuyan:20161212004944p:plain

その通り、もう少し大事なことを話しておこう。most of the Aの形になる時は、Aが人名や地名以外は定冠詞や指示形容詞や所有格がつかないといけないんだ。

 
f:id:Okuyan:20161212004936p:plain

つまりmost cars, most of the cars, most of these cars, most of his carsはいいけど、most of carsはダメということですね。

 
f:id:Okuyan:20161212004944p:plain

そういうこと、most of を使うなら後ろが特定されていないといけないんだ。だからこんなややこしいルールが存在するんだね。では今日は少し長かったけどここまで!!